家族葬のマナー

ごく親しい人で少人数小規模で行うのが家族葬です。スタンダードな一般葬と違い、マナーなど迷うことも多々あります。
お葬式は家族葬で執り行います、という案内があった場合、場所や時間が記載されていないときは通夜には参列はしないのが一般的です。記載されている場合、参列のお願いがあれば参列をしますが、その意思が明確でない場合は参列を遠慮するか直接遺族に問い合わせをするのが無難です。参列のお願いがあれば、基本的には喪服を着ていきましょう。遺族側は訃報を伝える際は弔問する方への配慮が必要です。会社関係や関係各所に訃報を伝えなければならない場合は、近親者のみで行うことや香典などの辞退を明示します。家族葬終了後に事後報告をするケースが多くみられますが、報告の際は近親者のみで執り行ったことと、すぐにお知らせしなかったことに対するお詫びを盛り込むようにします。

家族葬の場合、香典辞退の意思が明示されているケースが多くみられます。これは弔問客の対応などに追われることなく、故人とゆっくり最後のお別れをしたいという遺族の意思です。香典の他に供花や供物もお返しが必要になりますので、遠慮をした方がいいでしょう。遺族側は事後報告の際にも香典などの辞退を明記しておくとよいです。弔電に関しては場所と時間が記載されている場合は送っても差し支えはありませんが、送らなければならないものではありません。

遺族側は訃報を知らせる人を混乱させないように、お葬式前に通知を送らない配慮もしくは香典辞退を明記しましょう。弔問者側は家族葬を選んだ遺族側の想いを汲み、返礼品が必要なものは遠慮をするといいでしょう。