家族葬のメリット

家族葬が近年増加しているのには様々なメリットがあるからです。
まず一番大きなメリットは故人とゆっくりとお別れの時間がとれるということです。大規模な一般葬の場合は弔問客の対応に追われることが多かったり、いただいた香典へのお返しなど様々な事務作業にも時間がとられます。慌ただしく時間が過ぎていくことも否定できません。ごく親しい人に参列者を限定することによりその手間を省くことができ、故人と最後の時間を思い思いに過ごすことができます。

次にスタンダードな一般葬と違い、形式にとわられることなく故人や遺族の希望を取り入れたお葬式を実現することが可能です。お別れをする場所や流す音楽、料理やディスプレイなどオリジナリティのあるお見送りをプランすることができます。ごく親しい人のみの参列なので、堅苦しい儀式というよりアットホームな雰囲気になります。
費用面でのメリットもあります。少人数小規模で行うので、祭壇も小規模なものを選ぶケースが多く、豪華なものを準備する必要がありません。また食事代や生花代、香典返しなどの費用も抑えられます。

参列者の数の把握ができるものメリットといえるでしょう。一般葬では会社関係や知人など弔問客の具体的な人数はわかりません。しかし家族葬は親族やごく親しい人でお別れの時間を過ごすため、減ることはあっても増えることはありません。また高齢で移動が困難な方に、近親者のみで執り行われる旨を連絡をしておくと不要な気遣いをされないメリットもあります。
多様化するお葬式のニーズに応えられるスタイルとして、家族葬が今注目されています。